マイナンバー対策

マイナンバー対策

2016年度より、マイナンバー制度がスタートしました。
インターネット上ではいろいろな情報が飛び交っていて、風俗業界で働く方々はマイナンバーに対してなにかと不安を感じている方も多いと思います。

AKASAKA-GROUPでのマイナンバー制度に対する対応について、ご紹介いたします。

マイナンバーってどんな制度?

住民票を有する全ての方に対して、1人1番号のマイナンバーを住所地の市町村長が指定します。 原則として、一度指定されたマイナンバーは生涯変わりません。 国の行政機関や地方公共団体などでは、社会保障、税、災害対策の分野で保有する個人情報とマイナンバーとを紐づけて効率的に情報の管理を行い、さらにマイナンバーを活用して、同一の者に関する個人情報を他の機関との間で迅速かつ確実にやり取り(情報連携)することができるようになります。

また、他人のマイナンバーを利用した成りすましを防止するための厳正な本人確認の仕組み、マイナンバーを保有する機関の情報管理や情報連携における 個人情報保護の措置も取り入れています。

内閣官房HPより引用

聞かない・調べない・記録しない

当グループ店舗では「マイナンバー」を聞くこともありません。 「マイナンバー制度」でお仕事をしていることがバレることは絶対にありません。「聞かない・調べない・記録しない」の3つをお約束いたします。

都内を中心に展開している大手グループですので、専属の顧問税理士からの指導のもと適切に納税をしています。税金やマイナンバーについての不明点は、顧問税理士からアドバイスしてもらうことも可能ですので、お気軽にご相談くださいね。

PAGE TOP